<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじまりの日。 | main | いずれ訪れるその日まで。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダーティサーティ。
というわけで、生まれてから30年が経ちました。
いやー、長く生きるもんですね。
昔「X-day」とかいう(ウロオボエ)寿命診断ゲームで出た寿命は
29歳とかだったんだけど(笑)。
予想通り、だらだら長生きコース。ヒャッホイ。
 
ところで。
最近、頻繁に母親が「独りは寂しいわよー」とか言ってきます(苦笑)。

ウチの母親は(というか父親もなんだけど)割と放任主義で、
かつ、私が「こうと決めたら譲らない」頑固性格なのをよく知っているせいもあるのか、
10年も前から「子供いらないー。結婚しないー」と言い続けてる私に対して
これまでずっと許容(というよりむしろ諦めなのかもしれない)してきた人で。

だから、ここにきて突然そんなこと言われると、違和感があるというか。
ウチは諸事情で数年前に両親離婚して、今は別居してるんで、
そういうこともあるのかなあ、とは思っているのだけれど。


相変わらず、独りでいるのが寂しいとは思わない。
そういう点では、父親の性格を継いでいるのかもしれない
(実は、彼が友人と会う、というのを私は殆ど知らない。
 社交的な外装の割に、何をするにも独りで楽しんでいるように見える)。

思うのは、独りでいる方が大変だろうな、ということだけ。
単純な話、経済的にみれば2人暮らしの方が楽なわけだし。
でも、それを手に入れるには、私には譲れないものが多すぎる。
秤にかけると、やっぱりどうしても、独りでいることを選ばずにいられない。

いずれ考えが変わるときがくるかもしれないけれど、
まずは気楽なサーティ生活を送ることにしよう。
| ツレヅレ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |









http://nod-out.jugem.jp/trackback/87