<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SPOON。 | main | 偶像崇拝。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
即物的傾向。
前日の日記に書いた恋人だった「彼」のことで1つ忘れられないエピソードがある。
彼と関係を終わりにするときに彼が言ったことだ。

彼は、私との物理的な思い出を処分する、と、そう言っていた。
手紙とかプレゼントとかそういったものだ。
彼にしてみれば、それは「区切り」をつける「儀式」だったのだろう。
実際にそうしたのかどうかを私は知らないけれど、
多分、彼のことだから、実行したのだろうと思っている。
私が女だからかどうかはわからないが、とにかく私はしたたかで、
今でも彼からもらったものは殆ど手元にある。使っているものもある。

それは、彼以外の恋人だった人とのものでも同じだ。
3人ばかり振り倒してきたけれど(と言うと、なんだかモテる女のようだが、
 恋人関係にならずに振られてきた回数だって多いんである)
振られる側だったとしても、変わりはないだろう。

同僚とうなずき合ったことだが「モノに罪はない」と。

やりとりした手紙なども、おそらく探せば出てくると思う。
そうしたものが捨てられないのは、単に貧乏性と言うべきかもしれない。
HDDに色々なものが溜まっていっているのと同じだ。
その一部はこうして晒されている。

すっぱりさっぱり「捨てる」性質と、いつまでも「捨てられない」性質。
ここでも相反する2つの性質が同時両極的に存在している。
含むところは「いい加減」なのかもしれない。
| ツレヅレ。 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
トラバありがとうです〜。
トラバやコメントは、つくと激しく喜びますので、謝ることはないですよー(笑)。
実験も、じゃんじゃんどうぞです♪

貧乏性というか「捨てるのはいつでもできる」て思っちゃうんですよね(苦笑)。
そうやって溜まるものも多いけれど、持てるものは全部持っていたい。
それが貧乏性か(笑)。
| ハルイ | 2005/01/29 4:53 AM |
 この文章を思い出した出来事があったので、トラックバックしてみました。
 実験的意味合いも含む…ごめん〜実際どうなるのか体験してみたくて。。。

 結局、私も貧乏性ってことかも。←思い出の品について。
 かーなり気取って文章書いてるけど、結局そんな気がします。
| すずね | 2005/01/28 10:44 PM |









http://nod-out.jugem.jp/trackback/76
欠けた石
 ちょっと前のこと。  落とした拍子に、お気に入りの石が欠けてしまった。  空色縞瑪瑙の勾玉。  かれこれ10年近く持っていた。  実はコレ、初めてのデートの時に、初めて付き合った人に買ってもらった石なのだ。  え、なんでそーゆーの持っていられるの? 
| memo*memo | 2005/01/28 10:39 PM |