<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 性質。 | main | ささやかなヨロコビ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
対幻想。
「結婚する気がない」と言うと、
「そう言ってる人が、とっとと結婚したりするんだよね」と返される。
お約束なのだろうが、そう言われ続けてもうじき30を迎える身としては
「とっとと」の時期はとっくに過ぎたんじゃないかと思うわけで。
個人的な考えとして、結婚=入籍の一番の意義は、子供をつくること、なんじゃないかと。
誰かと一緒に暮らす、一緒にいるためだけだったら、同棲すれば済む話だし。
籍を入れると自動的に「家族が増える」などといったオプションが付いてくるわけで、
そういうつきあいが元々薄く苦手な私にとっては、
それを想像するだけでもぞっとする。

ただ、子供をつくって育てるなら、必要かな、とは考えていて。
そんな一般的(だと思われる)価値観も、いずれは変わりそうだけど。
ああ、でも、「ジミコン」という言葉が流行った頃から随分経つのに
未だに地方でなくても、その単語から連想されるとおりの「披露宴」が開かれたりしてるから、
まだ当分、こんな感じのままなのかなあ。関係ないか。

話が逸れた。
取り敢えず、私は今はそういう価値観でいて。
それで、子供が欲しくない。だから結婚する気がない。

もっとも、先のことがわかるはずもなく、可能性がないとは言い切れない。
考えられる可能性は次の3つ。

1. 経済的なものだったりの打算的な理由で踏み切る。
2. 突然子供が欲しくなるなど、自分の考えが変わる。
3. 相手の望むことを全て叶えたいと思えるほどの人と出会う。

どれもこれも可能性としては相当薄そうだ。
ぶっちゃけ、現状で相手がいないわけではない。
だから、一番可能性が高そうなのは1なのだが、
その他のデメリットに打ち勝てるほどのメリットがあるとは、
少なくとも今の自分には思えない。

繰り返すが、独りでいるのが寂しかったりしない。
それがこういう思考、或いは価値観の、一番の原因のような気がする。
これについてはまたの機会に。
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |









http://nod-out.jugem.jp/trackback/7
独りでいること。
他人=自分以外の人間に対する興味とか情熱とか執着とかが薄い。 自分が一番大事なのは大抵の人がそうだと思うが、 どうも私は自分独りでやることに対する情熱の方が断然高いらしい。
| ジェゼベル ノ シンゾウ | 2005/08/24 2:32 AM |
■ 結婚する気あるの? ■
20代後半のオンナなら、 一度は考える男のホントの気持ち・・・。
| 20代女社長の『モテてなんぼ★』       | 2005/02/03 12:48 PM |