<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ツガう。 | main | 理屈と感情。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
思惑。
約一ヶ月後に大学のサークルの後輩同士が結婚することになって、
その二次会の企画の打ち合わせがあった。
案の定、遅くなってしまったけれど、会場が近かったおかげで終盤には参戦できた。
既に酣にあった宴には「いつものメンツ」で、7人ばかりが集まっていた。
帰りし、その中で唯一妻子持ちであるA氏に「どうなのよ?」と訊かれた。

集まった人達の中には、学生時代に私と恋人関係にあったがいて、
この人とは今でも繋がりがある。
A氏が訊いてきたのは、この人と私とが最近は「どう」なのか、ということだった。
かつて「子供はいらない」と宣言していたA氏は、すっかり親ばかに育っていて、
そういう「仲間」を欲しがっているのかもしれなかった。

他にも私や彼やA氏の周辺では、私と彼との関係を気にしている人達がいて
(といっても、それは「そういえば」といった程度の軽いもののようだけれど)、
彼らが彼の方から聞いた「別れてから今までの私達の関係」は
私が認識しているそれと齟齬がある。
その齟齬について私が知ったのは最近のことだけれど。

それは私と彼とがそれぞれの思惑でもって
この関係を曖昧にしているせいであり、
私と彼とが、やはりそれぞれの思惑でもって
この関係について勝手に認識し、語っているせいでもある。

もう帰り際ですぐに駅に着いてしまったので適当に流しておいたが、
次にA氏と会ったら、今度は、がっつり訊かれそうだ。
現在の状況は、私にとっても彼にとっても
かなりのプライヴェートな部分に依るものなので
何をどう話したものかと、少し困ってしまう。
| ツレヅレ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |









http://nod-out.jugem.jp/trackback/59