<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 電気信号。 | main | ツガう。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
信号からの派生。
誰か特定の人に会いたいと思うのはどういう感情なのだろうか。
誰か特定の人からのリアクションを欲するというのはどういう感情なのだろうか。

どういうもなにも、ただひたすらそう感じるというだけのことなのだろうけれど。
 
20040811ほぼ独身主義。20040829独りでいること。などで既に主張しているが、
私は「自分大事」度が大きく、自分以外のヒトに対して執着が薄い。

誰かを恋として好きになっても、自分一人で燃え上がって満足してしまう。
自分が好きなら、それだけでよかったりする。
もちろん、その対象が自分のことを好きだと嬉しいし、対象に嫌われるのは嫌だけれど、
基本的には、対象がどうであろうと、自分の気持ちだけで満足してしまう。

20041013スペシャリティ。で書いたように、
愛されることより、愛することの方が私には重要なのだ。

恋としては幼いとか、それは自慰行為だろうとか、言われるかもしれないが、
個人的には、それは一形態ということに過ぎないと思っている。
私はそういう酷く利己的な性質なのだ、ということで。
例によって「未だ出会っていないものすごい誰か」の存在は棚上げする。

それは他人にあまり期待していない、ということでもあるかもしれない。
決して、期待するから応えてもらえなかったときの反動が大きい、
とかいうことを言いたいのでは、ない。
それも単に私の性質なのだ。
何か理由があるでもなく、そういうふうに私はできている。無自覚に、天然に。

相手がいるからこそ生じる感情ではあるが、自分ではないヒトに多くを望んでいない。
望まない上で何かが得られたら、それはステキなことだけれど。
あくまでもそれは「見返り」ではなく「思いがけないギフト」として。


利己的性質とか他人に求めないことに関しては、また別の機会に。
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |









http://nod-out.jugem.jp/trackback/58
その手には。
複数のヒトが存在する場では、多かれ少なかれ、お互いに影響し合っているのだと思う。 極論を言ってしまえば「影響しない関係」という関係をも持たざるを得ないし。 ……それはまた本当に極端な話だけれど。 ともかく。 独りで生きていけないことはないけれど、 無
| ジェゼベル ノ シンゾウ | 2006/03/20 9:18 AM |
与えられるもの。得られるもの。
世の中は、ギブ・アンド・テイクで成り立っていると思っている。 物質か精神的なモノか、とにかく、なにかしらのものを交換しあって、 ヒトとヒトのやりとりは成されているのだ、と、思っている。 そして、全ての行為は自己満足だ、とも、思っている。  
| ジェゼベル ノ シンゾウ | 2006/03/20 9:16 AM |