<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大人気。 | main | 幻想の残滓がもたらしたモノ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「書く」ということ。
気づけば半年以上も放置してしまっているのだけれど、
以前20050502いずれ訪れるその日まで。で書いた「突然(の)終わり」
というわけでは、実はまだなかったりする。
ただ、書きたいと思っていたことは、さすがに、というか、大分減ってきていて、
もしかしたら、そろそろ収束には向かうのかもしれない。もしかしたら。
1つ振り返って思うのは、ここ半年から1年くらいの間、
「書く」という行為から、比較的、離れていたかなあ、ということ。
それは、今だけでなく、その間の時々にも思ったことだけれど。

私にとって「書く」というのは、自分に安定をもたらす行為でもある。
書くことによって昇華(或いは消化)する、というのが重要なファクタなのだ。
すっきりするためだけなら、こんなに濃ゆい文章に仕上げる必要もなく、
だから実は、だらだらとした文章を書き殴るためのノートなども存在する。
その中には、推敲されて、ここでオープンにされている内容もあるが、
基本的には一時の感情のカタマリで、読み返す価値もないようなものばかりだ。
そして、そのノートへの記述も、近頃は少ない。比較的。

ということは、私のココロが安定しているか、他に発散する場(行為)が存在しているか。
もちろん、一概には言えない。

1つ、ほぼ確実に、書こうとしているテーマがあるのだが、それについてだけ言えば、
それを書くことを半年以上も停滞させているのは、
単純に、「書く」余裕が物理的にも精神的にもなかったからだ。
余裕のなさは、2006年の4月から社会復帰していることも、その一因ではあるだろうけれど、
多分、例によって、もっと細かい煩雑な色々の重なりに因るものだと感じている。

少なくとも、ここしばらく、「書く」という方向に食指が動かなかった、
ということだけは言えるだろう。
これまで生きてきて、「書く」という行為が不断に続いてきたわけではない。
だから「比較的」とつけたのだが、近頃のこれも単に「そういう時期」なのかもしれない。

なんだか纏まりがなくなってしまったけれど
(これで推敲した後の文章なのだから始末が悪い)、
要するに、先に書いたように、まだ書きたいこと、書こうとしていることはあるので、
再び、もうしばらく、よろしくです。
「もうしばらく」が、いつまでになるかは、かなり不明ですが(苦笑)。
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |









http://nod-out.jugem.jp/trackback/120