<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
派生と収束。
20070301単純なのか複雑なのか。を書いたついで(?)に。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
「書く」ということ。
気づけば半年以上も放置してしまっているのだけれど、
以前20050502いずれ訪れるその日まで。で書いた「突然(の)終わり」
というわけでは、実はまだなかったりする。
ただ、書きたいと思っていたことは、さすがに、というか、大分減ってきていて、
もしかしたら、そろそろ収束には向かうのかもしれない。もしかしたら。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
不可解な不愉快。
友人と朝方まで呑んだ後、その友人宅までタクシーで行くことになった。
線路沿いの狭い道路を走っていると、すぐ前の車が停まって、
どうやら、入り込もうとしていた道に入れなくて、にっちもさっちもいかない様子。
どう見ても一般庶民仕様ではないその車に私と友人は不安を覚えたのだが、
まあ、そのうちどうにかなるだろう、と、たかをくくっていた。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
覚悟と安堵。
少し前のことになるが、珍しく体調を崩して熱を出した挙げ句、
出先で気を失って倒れ、その拍子に頬骨を折り、入院・手術、ということになった。

突如おとずれた不運の中で、「独りで生きていくこと」ということを、改めて思った。
それは、独りで生きていくことが、いかに大変か、というようなことではなく、
私の中で「独りで生きていくことに対する覚悟」みたいなものが
ちゃんとできてるんだなあ、と、再認識した、ということだ。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレイヤ。
「who's who ?」からバトンをまわしてもらったので、書いてみます(笑)。
タイトルは第三舞台の芝居から。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
君の名は。
後になって気がついたのだが、
先日、参加した旅行には、昔、私と恋人関係にあった人も来ていて
20050903酔いに落ちた。で書いた当人だったりする)、
その人が私のことを、名前に「ちゃん」付けで呼んでいた。
旅行中、皆の前で、だ。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
殴る嬲る鈍る。
どうしようもなくイライラしたり、
うわーっとなったりしたときに、
壁を殴ることがある。

きっかけは、昔、勤めていた会社に
腹立たしいことがあったりすると壁を殴る人がいて、
それを見て「そういえば、大学時代の野郎連中も、
 酔うと壁を殴ったり破壊行動に走ったりしてたなあ」と思ったことで。

試してみたら、少しは、すっきりした。
それで、それ以降、時々、たまに、殴っている。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤサシイキモチ。
同情されたり心配されたりするのが、大好きだ。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
その手には。
複数のヒトが存在する場では、多かれ少なかれ、お互いに影響し合っているのだと思う。
極論を言ってしまえば「影響しない関係」という関係をも持たざるを得ないし。
……それはまた本当に極端な話だけれど。
ともかく。
独りで生きていけないことはないけれど、
無自覚に助けられてることなんかは、案外あるんだろう。

けれど、例えば、閉塞した或る空間に10人とかのヒトがいて、
そこにいる全てのヒトが同時に身動きとれないほどの窮地に陥って
「助けられたい」「誰か助けて」と思うような状況が生じたとしたら、彼らは、どうするだろう。

自分の「大変」を抱えながら、全員(なり一部なり)が、他人を少しでも助けて、
それによって事態を少しずつでも動かしていって、それで動けるようになるだろうか。
それは、可能性として小さくはない。多分。
が、誰もが、誰一人として、そうすることができなかった場合には。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
calling you.
電話をかけるのが苦手だ。
勢いにのってしまえば大丈夫なのだけれど、
大概は、かけるまでに躊躇・逡巡してしまって、なかなか、かけられない。
友人に対してでもそうなので、知らない人では尚更。
続きを読む >>
| ジコノシュチョウ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |