<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
冬空の流星のように ぼくは ひとり。
「だいたいいい年をして 落ち着かん人間を信用できんわ」
「ひとりでは認められへんというのは違うよ
 ひとりでなんでもできると思てる
 その思い上がりが信用ならんということなんや」
(温泉協会会長および海江田の台詞)
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
訣別。
でも……そんな話が一通り終わっちゃったら……
きっと──お互い気づいちゃうんです
「あぁ私たちの間にもう話すことなんて
 なんにも無いんだなぁ」って──
(雪乃の台詞)
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
鬱屈と処方。
ハチミツとクローバー (9) (クイーンズコミックス―コーラス)
ハチミツとクローバー (9) (クイーンズコミックス―コーラス)
羽海野 チカ

「もし好きな女に何かあった時さ
 「何も考えないでしばらく休め」って
 言えるくらいは
 なんかさ
 持ってたいんだよね」
(真山の台詞)

続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
言えない本音。
59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋
59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋
アルテイシア

「なんであんたも一緒に食べたものを私が洗ってるわけ?
 なんであんたはさっさと暖かい部屋でジャージでくつろいでるわけ?
 なんで私はスーツのまま寒いキッチンで洗い物をしてるわけ?
 私、疲れてるって、一食しか食べてないって言ったじゃない! 」
(アルテイシアの思考)

 
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
セクシュアル・ハラスメントの主導権。
スカーレット・ウィザード〈2〉
スカーレット・ウィザード〈2〉

「あのな、海賊。言わせてもらうが、毎朝毎朝半自動的に作動するような代物に
 『でりけーと』などという表現を用いられても、我々女性としては非常に理解に苦しむんだ」
(ジャスミンの台詞)

 
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
知りたい病。
スカーレット・ウィザード〈1〉
スカーレット・ウィザード〈1〉
茅田 砂胡

「世の中には『知る』ためなら何をしても許されると思いこんでいる連中がいるからな」
(ケリーの台詞)

 
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
第三の性。
いたいけな瞳 2 (2)
いたいけな瞳 2 (2)
吉野 朔実

「ホモこそ少女の自己完結した世界にふさわしい」
「『男になりたい!』でも『男に愛されたい!』
 この矛盾はホモの世界でしか満たされ得ないのです」
(第7話 少女漫画家の瞳には三等星の星が光る」/甘粕の台詞)

 
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
愚痴の吐き方。
気まぐれコンセプト
気まぐれコンセプト
ホイチョイ・プロダクション

 ジョン・フェイト&スティーブ・リール著『女の好きになる男』(PHP研究所)によれば、
 女に好かれるためには、
 1. まず彼女をホメ(Compliments)、
 2. 次に、相手の話を親身になって聞く(Compassion)。
 3. 彼女が話している時は聞き役に徹し、自分の意見は決して、さしはさまない。
 これ(3)が、男にとっては一番難しい。

 
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひとり。
15
15
魚喃 キリコ, 黒瀬 康之, 今井 智己, 森本 美絵, 藤野 千夜,
野村 浩, タカノ 綾, 竹久 夢二, 鳥巣 佑有子, 中島 博美


ひとり

街へ出て
人を見たとてなんとせう
やはりひとりで
うちにいませう。

山へ来て
ひとり泣くともなんとせう。
やはりひとりで
うちにいませう。

(「ひとり」写真:中島博美/詩:竹久夢二『青い小径』より)
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
SPOON。
Spoon
Spoon
高野 宮子

 ばかばかしい
 スプーンは 曲がっちゃったんだ もう曲がっちゃったんだ
 こんなんじゃ もう何もすくえやしない どうせ取りこぼしてしまうくせに
 ぼくはいつだって ばかみたいに 撹拌されて いるばかり
 (孝志のモノローグ)

 
続きを読む >>
| ヒトノコトノハ。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |